銀行カードローンで借り換える

おまとめローンは、多重債務で苦しんでいる人を救済するために作られた商品で、消費者金融や、銀行で申込が出来ます。

 

銀行カードローンに借り換える

おまとめローンは、借入先をひとつにまとめる事で金利が下がり、返済の負担が軽くなり、利息を含めた総返済額が少なくなるというメリットのある商品です。

 

銀行は「おまとめローン」としての商品を扱っている銀行は少なく、テレビCMでも知られている東京スター銀行の「スターワンバンクローン」がおまとめ商品になります。

 

銀行カードローンの場合、金利そのものが消費者金融と比べて低く、そのためおまとめローンといった特別な商品を用意する必要がありません。
おまとめや借り換えを勧めている銀行カードローンのほとんどは、一般ローンをおまとめとして利用するようになっています。

 

返済シミュレーションでおまとめの効果を確認しておく

おまとめとして利用する場合、融資限度額も大きくなるため、一般ローンに比べてさらに審査が厳しくなります。銀行カードローンでおまとめをしようと思えば、ある程度の属性が必要です。

 

中には年収制限を設けているところもあり、そういったカードローンは一定以上の年収がなければ利用できません。ですから、パートやアルバイトなど、収入の多くない人は厳しいかもしれません。

 

かといって銀行カードローンでおまとめは無理、というわけでもありませんので、おまとめを進めている銀行を探し、「借入診断」などを利用すれば、事前に申込が可能かどうか解るので試してみる事をおすすめします。また「返済シミュレーション」で、現在の状況がどれだけ改善されるのかも調べてみましょう。

 

おまとめに成功したら

一般ローンでまとめた場合は、自分で借入先に返済をしなければなりません。審査に通って契約出来たら、気を抜かずに最後の詰めの作業を完成させましょう。

 

最初にしなければならないのは、他社借り入れ分をきちんと完済する事です。新規の契約が完了すれば、今借りている他社の借入を、大至急完済してしまいましょう。

 

次に、 完済済みのローンカードは契約解除して破棄する事です。キャッシングは契約自体を解約しないと、個人信用情報センターの情報は契約中のまま残ります。完済した時は解約の手続きを必ず行い、取引を完全に終了させる事も忘れないようにしましょう。