おまとめローンで借金を一本化

キャッシングを長く続けていると、1社の借入だけでは足りなくなり、新たな借入を他社へ申込をしてしまい、気が付くと数社で借りていたという人も少なくありません。
複数社からの借入は、毎日返済のお金を用意する事だけで頭が一杯になり、仕事どころではないという状況になってしまいます。
そんな時に役立つのが「おまとめローン」で、借金地獄から解放されたい人向けの商品です。
現在、複数社からの借入で悩んでいる人は「おまとめローン」で借金の1本化を考えてみてはどうでしょうか。

 

まとめる前にチェックしておく事

おまとめローンには確かに多くのメリットがありますが、まとめられればどこでもよいと思って、検討もせずに申込をすると思っているような結果にならない事が有ります。
おまとめローンはメリットだけでなくデメリットもあるので、メリット・デメリットをよく理解したうえで申込をするのが重要です。

 

おまとめローンのメリットが生かせるか

おまとめローンのメリットは「複数ある煩わしい返済日を1日にまとめる事で、お金のやり繰りを簡素化できる」「まとめる事で金利が下がり、総返済額が下げられる」というところにあります。
おまとめローンを利用して、現在の苦しい状況から抜け出すには借入状況を把握する事や、まとめた場合に、毎月いくらまでなら返済できるのか、金利はどれくらいまで下がるのかをチェックする必要があります。

 

おまとめローンでまとめる前にチェックしておきたいのは、
・借入は何社から、どれくらいの借入をしているか(個別に)
・毎月返済額は各社へいくら支払っているのか、また返済期間はどれくらいか。
・それぞれの借入金利はいくらで借りているか。
というように、現在の状況を具体的に書き出してみることがポイントです。

 

おまとめローンのデメリットも知っておく

消費者金融や銀行カードローンの「おまとめローン」を契約すると、現在の借入金額はキャッシング会社から借入れしているキャッシング会社に直接一括返済する事になります。
「おまとめローン」で借りた後は返済だけになり、ほとんどの場合、完済が終わるまでは新たな借入ができなくなります。
ですから2度と借金はしないという方にはおまとめローンが適していますが、「返済期間中に借入が必要になるかもしれない」という時方は、銀行カードローンでまとめる方法が有ります。
「おまとめローン」としての商品を用意している銀行は少ないですが、一般のカードローンでも金利が低いので、通常のカードローンをおまとめローンとして利用できます。
銀行カードローンで返済を続け、限度額に余裕ができれば、その範囲内で何度でも利用できるのでそういった人には銀行カードローンがおすすめです。

 

返済シミュレーションを利用して新たな返済計画を立てる

おまとめローンで借り換える場合、新たな返済計画で返済できるようになります。
新たな返済計画を立てる時、重要になるのは「毎月返済額を少なくして楽な返済を続けたい」という場合です。
当然複数社の借入をひとつにまとめて1社だけへ返済すれば、毎月返済額は下げられますが、返済額を少なくし過ぎると、返済期間が長くなり、結果的に金利を含めた総返済が今の総返済額より多くなる事があります。
そうなると、何のためまとめたのか、まとめた意味がなくなってしまいます。

 

そうならない為にはキャッシング会社のホームページに「返済シミュレーション」があるので、それを利用して、返済計画を立てましょう。
返済シミュレーションは、返済期間を決める事で毎月返済額が解りますし、毎月返済額を入力すれば返済回数が解るなど、毎月返済を想定して何度でもシミュレートすることで、思い通りの返済計画を立てる事ができます。

 

借入先が多い時はまずプチおまとめで

おまとめーローンは借入先が4件以上あると、審査に通るのが厳しいと言われています。
そのための前処理として「プチおまとめ」で借入先を減らしておくのもひとつの方法です。
「プチおまとめ」は、現在借入をしているキャッシング会社で先にまとめておき、借入件数を減らすというものです。
「プチおまとめ」でまとめる方法は、現在利用中のキャッシング会社へ「借入件数を減らしたいのでまとめられないか」と電話で申込を入れます。
それに応じてもらえれば、借入先を減らすこともできるので、おまとめローンを申込む前に「プチおまとめ」で借入件数を減らしておきましょう。

 

最悪任意整理も考えておく

消費者金融から長期間キャッシングでお金を借りている場合、グレーゾーン金利で返済を続けていた方もおられます。
おまとめローンを利用すると、金利の引き直しができなくなるので、将来任意整理や金利の見直し、過払い金請求を考えておられる方にとっておまとめローンでまとめる事は不利になります。
また任意整理などをしてしまうと、キャッシングに限らず、すべてのローンやクレジットの申込が5年から7年は申込ができなくなります。
任意整理をしたいと思ってもキャッシング会社がそれに応じてくれるかどうか解りません。
それらも含めておまとめローンがよいのか、任意整理がよいのか、弁護士などと相談してみるのも借金を減らす選択肢のひとつです。