おまとめローンはメリットもあればデメリットもある

おまとめローンは多重債務になっている方にとっては多くのメリットがありますが、まとめ方次第でデメリットもある事を知っておく必要が有ります。せっかくまとめるのですから、デメリットが生じてしまうとまとめる意味が有りません、最大限にメリットを生かした借り換えを目指しましょう。

 

多くのメリットがあるおまとめローン

「借入先が複数社あると、返済日がそれぞれ違うため、常に返済日を気にしていなければならないのが、まとめることで1日になる」、「金利の低いところへ借り換える事ができれば総返済額を少なくできる」と言う事です。

 

また、借り換えが出来れば「新たな返済計画が立てられるので、無理のない返済ができるようになる」といったメリットが生まれます。

 

おまとめローンはメリットばかりではない

おまとめローンで借り換える時、当然の事ですが現在の金利より低い金利に借り換えることがポイントですが、借り換え先によっては、金利の差がそれほど見込めない事があります。

 

多重債務という、貸し倒れのリスクが高い顧客に対して、高い金利を求められる事もあり、結果的に思っているほど金利が低くならないことも少なくないようです。

 

また、おまとめローンで借り換えをするとき、新たに返済計画を立てることができますが、それがメリットでもある反面、デメリットにもなります。たとえば、今まで返済が苦しかったので、毎月返済を少なくして楽な返済を続けたいといった場合で、毎月返済額を減らす事で返済期間が長くなり、いままで以上に利息が増えることもあります。

 

おまとめローンで借り換えると、借り換え先から現在借りている消費者金融などへ一括で返済をします。そのため、おまとめローンで借り換えると利息制限法による引き直し計算が出来なくなるというデメリットが生じます。

 

これまで長期間グレーゾーン金利で返済していた方は、利息制限法による引き直し計算で借金を減らしたり、過払い金を取り戻したりすることができる可能性があるのですが、まとめてしまうと、これらを放棄するという事にもなります。

 

おまとめローンにはメリットもありますがデメリットもあるので、おまとめローンを申込む前によく検討してから申込む事が重要です。