2つの状況を比べてみよう!

複数借入がある方の全てにおまとめローンを勧めるわけではありません。
実はおまとめローンが向いている方、向いていない方がいます。
もう少し噛み砕くと、おまとめローンが向いている状況、向いていない状況です。

 

おまとめローンが向いていない状況

完済まであと少し

もう少しで完済する方は今、あえておまとめをする必要はないでしょう。
目安として3ヶ月。
あと3回程度で返済が完了するのであれば、もう一度審査を受けなおして組みなおすことが賢明かといえば手間がかかるだけともいえます。

 

闇金からの借入

消費者金融だと思っていた借入先が実は闇金だった。
実は少ないことではありません。
現在の借入先が正式な貸金業者でなかった場合、おまとめをする必要はなく、まずは弁護士等への相談が先です。

 

返済額の用意が困難

例えばおまとめをしたとしても、収入の激減などそもそも返済額の用意が困難である場合。
おまとめをしても問題が解決しないこともあります。
その場合には最終手段として債務整理の検討が必要になるでしょう。

 

おまとめローンが向いている状況

完済までが長い

これから先の目処がたっていないほど完済がまだまだ遠い場合、状況を整理することが必要でしょう。
おまとめをして、返済がしやすい状況を作り出すことが有効です。

 

利息の負担が大きい

現在の借入先の金利が高いと、大きな返済額の中で利息の占める割合が大きくなります。
そのため長く返済をしても元金がなかなか減らない状況に陥っていることでしょう。
金利の低い銀行カードローンに借り換えが有効です。

 

返済額が負担

返済ができないほどではないけれども、毎月の生活費の中から用意する返済額としては負担に感じている場合、おまとめをして返済額の調整が有効です。
ただし、返済額を現状いかにする場合には完済が遠のくことも考えられるため計画が必要です。

 

返済が面倒

月に何度も訪れる返済日に、あっちに出向き、こっちに出向き、それが面倒なときも難しいときもあるでしょう。
忙しい毎日の中で月に何度もその時間が確保できないのであれば、おまとめをして返済日を月に一度に変えることが有効です。