失敗しない借金のまとめ方

おまとめローンは、多重債務に悩んでいる人が利用する、いわば救済処置のようなローンです。複数の債務をひとつにまとめる事は、金利が下がるだけでなく他にも多くのメリットがあります。

 

おまとめローンは総量規制の対象外

2010年に改正貸金業法の改正が有り、新しく総量規制という法律が追加されました。総量規制とは、消費者金融や信販会社から融資を受ける時、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになり、それ以上の融資は受けられなくなりました。

 

おまとめローンはすでに複数社から借入をして、多重債務になっている人の救済処置としてできたのが「おまとめローン」です。

 

既に融資限度額が、年収の3分の1近くまで借りてしまっている方でも、審査に通れば、新たな融資を受けることも可能で、年収の3分の1を超えた部分について、審査で返済が可能と判断されれば、融資をしてもよいという事になっています。

 

金利が下がったのに返済総額が増える?

カードローンで借入れをしている債務は、より金利の低いカードローンに借り換えればこれまで利用している金利より返済額が少なくなります。ただ、おまとめの利用の仕方次第で「金利が下がったけれど、総返済額が増えた」という事があります。

 

なぜそうなるのかと言えば、一本化したことで毎月返済額をこれまでより少なくした場合にそうなってしまう事があります。

 

たとえば、4社への返済をそれぞれ月額1万円の返済をしている場合、一本化する事で返済金額を減らすことが出来ますが、月3万円の返済にすると、返済は楽になりますが、返済期間が長くなります。

 

返済期間が長くなるという事は、金利を含めた総返済額が増える結果となります。おまとめで借り換えをしたとしても、これまでと同じ返済額にするか、もしくは繰り上げ返済などをする事で返済期間を短くする努力が必要です。

 

まとまらない時は借り換えない

おまとめローンの審査結果で、ひとつにまとめられない場合もあります。現在の借入が少額の場合は、全額借り換えも可能でが、すでに多額の借入をしていると、全額借り換えに応じてもらえない事もあります。

 

もし、一つにまとめられなければ、おまとめローンを利用する意味が有りません。借金を減らす方法は債務整理もあるので、まとめられない場合は、債務整理も選択肢のひとつに加えてみてはどうでしょうか。