三井住友銀行カードローンでもおまとめができる

メガバンクの一つ、三井住友銀行カードローンでもおまとめができます。
大手だからこそのメリット、店舗があるからこそのメリットもあります。

 

三井住友銀行カードローンにも専用の一本化商品はありません。
しかし、資金使途の範囲でのおまとめが可能です。

 

それでは申し込みの条件を確認してみましょう!

 

三井住友銀行カードローン
⇒三井住友銀行でおまとめ一本化する

 

申し込みができる方
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下
  • 原則安定した収入がある方
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
資金使途 事業性資金以外自由
契約極度額 最高800万円
担保・保証人 不要
金利 4.0%〜14.5%

 

資金使途が事業性資金以外自由となっておりおまとめにも利用ができることがわかります。
そして申込条件を確認しましょう。
本人に安定した収入が必要になるため専業主婦の利用はできません。

 

詳しい金利を確認

契約極度額 融資利率(変動金利型)
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

 

上限金利が14.5%となっています。
これは銀行カードローンとしては一般的な上限金利です。
低金利の銀行カードローンとされている中にはこの「上限金利が14.5%」というのも含まれています。

 

ただしおまとめのように借入金額が大きくなる場合、比較するのは上限金利ではありません。
現在の他社からの借り入れ総額を融資限度額にあわせて確認してみましょう。

 

その金利を現在の他社からの金利と比較してみましょう!

 

三井住友銀行カードローン
⇒三井住友銀行でおまとめ一本化する

 

随時返済は手数料無料

三井住友銀行カードローンの返済方法は4つあります。

  • 三井住友銀行ATM
  • 提携ATM
  • カードローン口座への振り込み
  • 口座振替

 

三井住友銀行カードローンに申し込みをするために改めて三井住友銀行口座を開設する必要はありませんが、返済方法として口座振替を希望する場合には三井住友銀行口座が必要になります。
大きな金額の返済の場合、うっかり忘れで返済画遅れることは避けなくてはなりません。
これが頻発すると信用問題にかかわり一括返済を請求されることも十分に考えられます。

 

確実に返済をするためには「口座振替+手数料無料の随時返済」を活用していくと良いでしょう。
もちろん、三井住友銀行ATMだけではなく提携ATMも利用手数料は無料です。

 

三井住友銀行カードローン最大の特徴、最短即日融資

  • 申し込みに三井住友銀行の口座は不要
  • 審査は最短30分
  • ローン契約機でカードが即日発行

 

この3つがあり、三井住友銀行カードローンでは最短即日融資が可能になっています。
ただし、おまとめのような大きな融資では審査に時間がかかる可能性があります。
はじめから足を運ぶのではなく、インターネットで申し込みを行い審査結果を確認してから契約のために動き出すと無駄がないでしょう。

 

三井住友銀行カードローン
⇒三井住友銀行でおまとめ一本化する