消費者金融で借り換える

最近は消費者金融や銀行カードローンなど多くの金融会社は積極的に「おまとめローン」の顧客獲得に取り組んでいます。消費者金融でも「おまとめローン」があり、年収の3分の1を超えても借入できるので、借り易さから考えると、消費者金融のおまとめローンがおススメです。

 

おまとめローンは総量規制の対象外

総量規制というのは、消費者金融がお金を貸付けるとき、融資の上限は年収の3分の1以内と制限があります。しかし、総量規制はすべてが対象になるのではなく、総量規制外の貸付があります。

 

「例外貸付」には「顧客に一方的有利となる借換え」があります。たとえば、現在借りている金利より低い金利に借り換えたり、複数社の借入をまとめたりすることで現在の状況が改善される、といった場合は、年収の3分の1を超えても、審査で返済ができると判断できれば融資をしてもよいというものです。

 

消費者金融のおまとめローン

消費者金融は、銀行に比べて審査スピードが早く、審査が緩いというのが特徴で、毎月の支払いにストレスを感じている時や、一日でも早く普段の生活を取り戻したい時は、消費者金融のおまとめがおすすめです。ただ、急ぐといっても最低限は、金利の比較をすることが重要です。

 

まとめる前にやっておくこと

「おまとめローン」を考える時は、借入残高がどれくらいあるか、毎月返済がどれくらいなのかなど、具体的に知っておく必要があります。その上で「返済シミュレーション」などを利用して、まとめるとどれくらいのメリットがあるのかを前もって確認してから申込むのがポイントです。

 

また、おまとめは借入先が3社程度なら可能になりますが、4社5社になると厳しくなります。そんな場合は「プチおまとめ」で借入先を減らしておきましょう。

 

現在利用している消費者金融に電話を入れて「借入先を減らしたいのでまとめたい」といった申込みをすれば応じてくれる場合もあります
借入先が3社以下にする事を優先しましょう。

 

まとめると新規借入ができなくなる

おまとめローンで契約すると、申込者の名前で各社に一括返済されます。ほとんどの場合、返済が終わるまで新たな契約をしてはいけないという内容になっているので、もし他社へ新たな申込みをしたことがばれると、一括返済を求められることもあるので注意が必要です。